「アイリス」の由来は?

アイリスの名前は建設された地名に由来しています。

1992年5月18日、社会福祉法人誠心会の最初の施設が建てられました。

建設場所は長野県原村の菖蒲沢(しょうぶさわ)。菖蒲沢には『ショウブ』という紫色に染まる花が一面に咲く素敵な場所です。その『ショウブ』の魅力に引き込まれた人物が、初代理事長でした。

『ショウブ』はアヤメ科に属する花。花言葉は「いい便り」「メッセージ」です。学名は『 Iris (イリス)』。ギリシア神話の中で伝令役として優れた役目を果たしたことから、このような花言葉が生まれたと言われています。

初代理事長は『 Iris (イリス)』という言葉を変換して『 Iriss(アイリス) 』という施設名に命名した、というわけです。